ニキビに悩み苦しみ最後は皮膚科で治療した体験談|ニキビのない肌になるまで

ニキビ治療

これは現在30代である私自身が20代の頃にニキビに悩み苦しんだ日々の体験談です。

10代の頃はそばかすには悩みましたが全くニキビには悩まされずに青春時代を過ごしました。
20代になり仕事を始めるとお化粧をしなければいけなくなった事や仕事のストレスなどで、徐々にニキビが額や頬やこめかみなどに出来るようになりました。

だんだん増えていくニキビを触ってはいけない、潰してはいけないと思いながらも潰してしまい色素沈着してしまう事もありました。
赤ら顔を治す化粧品はこちら

赤ら顔を治す方法の動画はこちら

ニキビに悩まされていた私がまずおこなったこと

私がまずニキビに対してしたことは洗顔料をニキビ用の薬用にしてファンデーションもニキビ用に変更してみました。

ニキビの知識が浅かった私はメイクなどの汚れが落ちきれていないから毛穴に詰まりニキビが出来ているのではないかと思い何度も洗顔したりたくさん擦って洗顔していました。

まずそれが大きな間違いだったと今ではすごく後悔しています。

洗顔で肌を清潔に保つ事は重要な事ですが洗いすぎていました。
そのせいで今では頬の毛穴が開きっぱなしで月にあるクレーターみたいに窪んでしまったところもあります。

あの頃の私に正しい洗顔方法を教えてあげたいです。

面倒でも泡だてネットを使用してモコモコのたくさんの泡で赤ちゃんの肌を洗ってあげるつもりで擦らないように気をつけて洗顔が出来ていたらもう少し早くニキビとさようなら出来たかもしれません。

次に生活習慣を見直してみた

化粧品と洗顔料の変わりがなかったので生活習慣を見直してみる事にしました。
仕事上早起きはしていましたが早寝ができておらず、ストレスもかなり溜まっていたので食事も乱れていました。

まずは野菜を積極的に取るように心がけ、そして市販の塗り薬とニキビにもいいと言われる内服薬を飲んでみることにしました。

市販の塗り薬と内服でニキビが少しだけ落ち着いたような気がしましたが完全には治りませんでした。

最終的に皮膚科を受診

最終的に皮膚科を受診してみました。その時処方されたのはベピオゲルという外用薬でした。

初めは塗ると赤くなり痒みがありましたが出来始めのニキビが早く治るようになりました。数回通院して、光線治療も何度か受けました。

1年半ぐらいで徐々に落ち着いて行きました。
今思うとやっぱりニキビは皮膚科を受診して治療するのが1番だと思います。

ニキビの原因を考え適切なアドバイスとお薬を処方してもらうことが1番大事だと思います。

さらに光線治療や化粧品での治療など。様々な治療方を提案してくださるはずです。
そしてまずはニキビがどうして出来てしまうのかを知ることも大切だと思います。

ニキビの種類は1つじゃない!

ニキビには実は5種類もあります。その段階によっては自分ではなかなか治すことができなくなります。
黄ニキビ以上になる前に早めに皮膚科で受診するようにしましょう。
初期段階→白ニキビ
白ニキビが炎症を起こす→赤ニキビ
炎症が進み化膿してしまう→黄ニキビ
さらに炎症と化膿が進み跡が残りやすくなる→紫ニキビ

ニキビができるさまざまな原因

【シャンプー剤は顔につかないように気をつける】
シャンプーの仕方もニキビが出来てしまう原因になっている場合があります。

頭皮は普通の皮膚に比べて皮脂が多く汚れやすくシャンプーの洗浄力は強く作られています。

そのシャンプーで洗った後お湯を前に濯いで流してしまうと、顔に流したシャンプーがかかり洗顔料より強力な洗浄料で顔を洗っているのと同じ事になってしまいます。

なので必ずシャンプーは後ろに濯ぐようにしましょう。シャンプーハットを使用するのもいいと思います。
そして濯ぎ残しがないようにきちんと流しましょう。

【洗顔は優しくおこない刺激を減らす】
洗顔の時は、熱すぎるお湯を使わないようにします。
皮脂を流しす過ぎないように体温より少し低めぐらいのぬるま湯を使用しましょう。

そして、お風呂で洗顔している人がやってしまいがちな事なのですが、シャワーのお湯を直接顔に浴びるのは絶対にやめましょう。

シャワーの水圧は思っているよりも肌に負担をかけてしまいます。

その刺激が原因でニキビが出来ているのかもしれません。

【揚げ物や菓子パン、ジャンクフードなどは控える】
食事の栄養バランスが偏るとニキビができやすくなります。
食物繊維を多くとるように心がけ、揚げ物や菓子パン、ジャンクフードなどは控えましょう。

【規則正しくストレスを貯めない】
生活習慣を見直してみましょう。
早寝早起きをする、朝昼晩バランスの良い食事をこころがけてストレスを溜めないようにしましょう。
なかなか難しいとは思いますが意識しないのとするのでは大きな差です。

【タオルや寝具は清潔にしておく】
それから顔に使うものは清潔に保ちましょう。毎晩使う枕カバーなどはこまめに交換しましょう。
メイクスポンジやメイクブラシはこまめに洗い清潔にしましょう。そして肌への刺激をなるべく避けましょう。

【髪の毛やメイクにも気をつける】
額のニキビは前髪が当たる刺激が大きく関係しています。
ピンで前髪を留めて刺激を避けるだけでニキビができにくくなります。

メイクはナチュラルメイクを心がけてマスクなどもなるべくしないようにした方が肌への刺激を減らす事が出来ると思います。

とにかくニキビがない肌への近道は皮膚科を受診して、洗顔方法や生活習慣を見直す事です。

【ニキビには絶対触らないこと】
1番重要なのはどんなに痒くても気になっても絶対に触らない事だと思います。

ニキビに悩み苦しみ皮膚科で治療した体験談|ニキビのない肌になるまで

ページトップボタン